« PS3買ったぞー! | トップページ | amazonプライムの罠 »

世界で一番醜悪な民族

先に断っておきますが、私は今、大変腹立たしい気持ちでいっぱいです。
なので、以下は私が今の怒りを、社会的常識範囲でぶちまけたものであり、思想や信条によっては大変不愉快に感じる人がいるかもしれません。

あらかじめお断りします。そのような方は、以下読まないでください。
→出口はこちら。

/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

日本政府が学習指導要領の解説書に「竹島は日本の領土」と明記すると決めたことに対し、お隣の南朝鮮では、官民あげての大抗議が怒っている。

その経緯などは、Wikipediaでも読んでいただくことにして、ここでは詳細な説明を省くこととする。

きわめて乱暴な説明をすれば、敗戦後日本の領土と戦勝国たる連合国軍より認められた竹島を、韓国は「李承晩ライン」なる軍事境界線(もしくは排他的経済水域)を日本の了解なしに一方的に決めつけ、竹島を武力占拠。在留していた日本人漁師を逮捕もしくは虐殺し、一方的に領有権を主張した、ということになる。

その後10年以上経ってようやく逮捕された日本人は解放されるが、それは日本で捕まっていた韓国人犯罪者の解放と引き替えという、なんとも奇天烈な条件によるものだった。

この経緯ですらおかしいという話であるというのに、韓国は日本への対抗心、植民地支配に対する「恨」、そしてナショナリズム故に、竹島の問題を「反日の象徴」特別視し、以来、この問題が浮上するたびにお得意の「火病」で大騒ぎする、というのは近年の恒例行事となっている。

さて、おわかりと思うが、韓国人が「独島は我が領土」と思っているのは、当然韓国内での教育の賜物だ。いわば、反日感情を植え付けることにより、韓国政府としては国論の操作がしやすい国民ができあがっているというわけだ。
このことは、竹島問題以前に、2つの問題が韓国内で盛り上がっていたことを考えると効果はたやすく理解できる。
一つはアメリカからの輸入牛肉の問題。これは、大学生や市民団体が暴力的なデモを起こすまで発展した。
次に、北朝鮮で韓国人旅行者が北朝鮮兵士に射殺された事件。
竹島問題を見てもわかるが、韓国民というのは、大変浅慮で、感情のままに暴発する。それは政局が常に感情的な理由から不安定になりやすいということでもある。単純に言えば、民度が低いのである。
その民度が低い韓国人が、これらの問題を振り切り、全てのヘイトを向けてきたのが「竹島問題」である。

おそらく、自国民が北朝鮮で撃ち殺されたことなど、もうどうでも良くなっているだろう。牛肉問題で支持率が落ちつつあった李新政権にとっても、竹島問題は渡りに船であっただろう。
そのため、駐日大使召還など、派手なパフォーマンスをやってみせて、自政権へのヘイトを全て日本に向けさせようと躍起になっている。
そして、もう一つこの問題に「タダ乗り」しようとしているのは、北朝鮮である。
アメリカからのテロ国家指定解除という国難に望んでいる最中に起きた誤射事件。これにより韓国世論が反北朝鮮に向くとなれば、ただでさえ低い政治リソースが対韓対処に割かれることになる。
おそらく、抗議で派手なパフォーマンスを行っている市民団体のいくらかは、日本のそれと同じく北朝鮮の息がかかった団体であると推測する(牛肉問題で暴れた大学生などのバックも北朝鮮である可能性が高い)

外交というのは、戦争である。武力を使うか、使わないか。その差はあれど、国家が競うという事は、すなわち戦争である。
半島人はさすが半万年属国であったゆえ、卑屈な方面での外交能力が高いと見られる。弱きを見つけてはつけこみ、強きを見ては頭を地面に打ち付けてひれ伏す。
彼らのよりどころは、日本に戦争で勝利したということである。つまり、今まで自分達が周辺諸国から隷属を強いられてきたように、自分達に負けた日本は、韓国に従わなければならない、という思いこみがある。

例えば、この動画を見て欲しい。

日本でも「ピ」という名前で活動している、韓国人のミュージシャンのPVだ。
0:40前後を見てもらえば分かるが、明らかに原爆ドームに類似した建物が、爆撃によって燃えているような映像がある。

韓国人にとって「原爆」は日本に対する鉄槌の象徴であり、日本を侮辱するイメージの言葉となっている。
日本でも経済活動を行っている韓国人のPVに、日本では悲劇とされている原爆の象徴を組み入れるというこのセンス。これこそが、見にくいかの民族の根性の顕在と言っても過言ではあるまい。

その醜い根性は、ついにここまできた。

・ソウルの日本大使館前に集結した韓国デモ隊、「アキヒト日王」(天皇陛下)の写真を燃やして抗議

・韓国デモ隊、日本大使館前で“日本の国鳥キジ”をハンマーで叩き殺して気勢…竹島問題で

国家の象徴であり、国民のよりどころである天皇の写真を燃やして抗議し(言うまでもないが、国旗も燃やされている)、国の象徴であるキジを、日本大使館前で叩き殺すという非道、そして侮辱。このようなことを平気でやってのけるのが、韓国人である。

また、韓国国内では日本のコンドームの広告が撤去されるなど、経済的な「実害」も生まれつつある。日本人はおとなしいから、なにも言わないが、同様に三星や現代の経済活動を日本の組織(政府や企業など)が規制したらどうなるか。言うまでもあるまい。

他者に行われて腹立たしいと思う行為を、平気でやる。これを侮辱という。友好や尊敬と対峙する負の言葉だ。
平然とこのようなことをし、さらには「韓国との関係を悪化させれば、アジアでの立場が悪くなる」などと、さもアジアの代表のような態度で恫喝を行うかの国の政府に対し、日本の外務省や内閣は口をつぐむだけなのだろうか?

そして、このような醜悪な行いが隣国で行われていることは、言うまでもなく「日韓友好」を是とするマスコミ各社は取り上げない。
なぜそこまでして、日韓友好などを守らなければならないのか。それはマスコミの良心なのか?それとももっと現実的な理由ゆえか。
毎日新聞が日本を侮辱するような英文記事を9年に渡り配信していたが、このような問題を見ても、マスコミは日本のためではなく、なにかおかしな勢力に操られているのかもしれないと疑う方がよさそうさ。その傾向は、規模の大きなマスコミになるほど顕著になるようにも思える。

単純な事を言えば、隣国の市井の醜すぎる抗議活動を止めさせる、あるいは抗議するという要目は政府にもマスコミにもない。それを国民に知らせることすらしないだろう。
これは、もう諦めるしかない。彼らは日本国民の矜持よりも、隣国との友好が大事と考えているのだろうから。

また、それは一般企業にも言えるかもしれない。このような問題が起きながら、mixiの本日の日記注目キーワード1位は「東方神起」だった。
この日記キーワードは、作為的なものがあると以前から言われてきた。それを私はある事で実感した。
会員600万人を要するmixiで、注目キーワードとしてとりあげられることは、マーケティング的な意味でも効果的である。というより、それこそはmixiのビジネスモデルの基幹であるはず。
彼らは企業であり営利団体であり、利益追求こそが使命であり、国策や政治の問題とはもちろん無関係である。ゆえにどのような状況で、どのようなキーワードを取り上げるかは、運営者の勝手である。
しかし、実はこれと逆のキーワード、反韓、人権擁護法案などで日記を書いたとしても、それが1位のワードよりも多く日記としてとりあげたとしても、なぜか注目ワードにはならない。

mixi自身が政治の問題に首をつっこまない、またはマーケティング的に価値のないキーワードは注目キーワードから排除する、という運営を行っている可能性はあるが、ともあれあのランキングは作為的なものである、と思ってもよいと感じている。
(証拠はないので、以上は私の所感であって事実ではないのだが)

このような営利主義が、以前の韓流ブームなどと同じく、日本の経済界の「つけこむ隙」となっている可能性はあり、それが政府の動きの枷となっている可能性は十分にある。
今の政府は経済界の狗である。ヘタをすれば、うがった見方をすれば、竹島問題すらも「韓国社会の安定のため」に打たれた「なにか」である可能性さえ考えられる…かもしれない(こういう陰謀論は好きだが、可能性はきわめて低い)。

おそらく、福田政権にしても、ナショナリズムを煽って支持率をあげようという魂胆だったかもしれないが、しかし自分でつけた火なのに、消せないくらいに燃え上がってしまったということだろうか。こちらの方が現実的な線かもしれない。

正直、私はそれでも韓国人とは仲良くできると思っていた時期もあった。
しかし、もうダメだ。理解できない。

日本から多額の借款を受け、通貨は円を担保に保証され、貿易的にも日本との取引がなければ成り立たない国家でありながら、この態度はなんだ?

日本国内にいる密入国者の子孫の傍若無人にも耐え難いものがあるが、それにも増して「本家」の狂気はすさまじい。とてもではないが、このような人間どもと仲良くできようはずがないと思い始めている。

それが、たとえ北朝鮮の思惑であったとしても、私はもう、韓国と仲良くなろうとは思わないし、韓国との国交を無理して維持する必要もないと断じる。

というか、もうこんな国と関わりたくない。これが、「今の」正直な心境です。

|

« PS3買ったぞー! | トップページ | amazonプライムの罠 »

笑韓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PS3買ったぞー! | トップページ | amazonプライムの罠 »